vision
人生の質 = 情報の質
人間は生まれた瞬間から、五感を通して脳に蓄えたモノ(情報)に自分の感性を加えることによって、次にとる行動・ 言動などを決定している。そして、この活動を数えきれないほど繰り返して人生は終焉を迎える。具体的に言うと、 母や友人の言葉、アーティストの歌、雑誌に掲載された洋服や食べ物、触れた感触、におい ... 様々な情報が様々な 形で人間に届き、自分らしさのフィルターを通すことである情報は捨てられ、ある情報は脳に蓄積され続ける。こ の一見単純な活動を日々行う人間にとって、21 世紀は情報過多な時代であり、自ら選び取る情報の質が人生の質を 左右するといっても過言ではない。満足のいく人生の終焉を迎えるために、情報という不定形で不確かなモノをい かに取捨選択して生きるかを真剣に考える企業、それが QUOLIM である。
company_profile